*

とりあえず投資をやる

FXの経験がない方が為替相場のポイントを押さえるには、第一に取引を重ねていく事が大事です。

 

とりわけ、事前に危機を予期するようにするにはミスをすることも大事です。

 

言うまでも無く、ミスをするといっても、命取りとなるほど重大な間違いをする事は論外です。

 

やり直せるぐらいの間違いを実績を積む事が最終的に自身のレベルを上げてくれるはずです。

 

そう考えるととりあえずは少額資金で投資して、何度か小さな負けを経験することを推奨します。

例えとして、100万円しか投資に回すお金のない場面でよく考えずに全部つぎ込んで売買すると、損した時その後取り返せない恐れがある。

 

それよりは、たとえば資金の10分の1ずつ分けてトレードを行ない、それによって売買を体験した方が、少しずつ損を減らす方策なども学習していくはずです。

 

最初は少額資金で売買する事のメリットは、先に書いたように自身の実戦を増やしミスを避ける方法を習得していく事にありますがそれと同時に、注文の回数を多くする事で偶然を小さくできるという価値もあります。

 

1度限りの注文で勝率が二分の一だとします。

 

同じく二分の一の確率で損が生じる可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

2回に1回の割合で利益が上げられる事を意味している。

 

だけど、全部の資金を賭けて1回のみのエントリーをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのどちらかになってしまいます。

 

これは賭けと同じです。

 

それは全てを使って1度しか勝負しないとこれでは負ける比率が大きくなってしまいます。

 

これを回避するために、投資資金を1回にすべて投入するのではなく、少額ずつ分けて、機会を多くすることが危険性を減らす事になります。

 

ただし少しずつに分割しても、全てのトレードで勝つ必要はありません。

 

と言うよりは、勝つことが出来ないのが現実だ。

投資で重要なのは勝つ回数ではなく、どのくらい利益を出すかです。

 

勝半5割でも勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。

負ける確率が高くても損失が少額ならば少ない勝ちのプラスの大きさだけでかなり利益を上げる事が出来ます。

 

そのためには、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損失が出たらすぐに損失を確定して、それとは反対にプラスになる状況では大きく利益を出す事が、FX投資初心者が為替で成功する方法です。

 



コメントする