*

始める前に

いよいよ始める時という段階では、何をおいても準備を横着してはいけません。

 

取引を始める前ならば出来事を客観的に眺める事のできる余裕がある。

 

だがしかし、一回取引の内部へ入ってしまうと、どうあがいても見解が自己中心的になりがちで状況によっては適切な判断が出来なくなるリスクを負います。

 

だからこそ自分の頭の中が論理的な段階で正しく事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

"事前準備"するためには、始めに自分のシナリオを記す事からスタートします。

 

今からの市場は上がる(または下がる)から、ユーロを売買するみたいなあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

 

次に大切なのはチャートを見ましょう。

 

以前の市場の上がり下がり見定めて、今現在の位置を見ます。

 

すると、「結構高すぎる段階になっているな」など、あるいは「今となっては大多数の方々が仕かけているから、今さら自分がエントリーしてももはや間に合わないな」ということが分かってきます。

 

言うまでも無くもう取引するのが遅すぎるなと感じたならば、何もせず、そこはきっぱりとあきらめることか肝心。

 

どう試みてもあなたなりの台本を引き下げないで、諦めずに取引すると、為替相場に押し返されてそればかりか損失を被ることになるリスクがあります。

 

ただたいがいの場合、準備が整った自分自身の台本を考えているとすれば、取引がなすすべがないという具合にはならないと考えます。

 

大方、実際にマーケットが上下動する前のはずだからです。

 

その次に自身が売買しようと検討している売買ポジションの変動を、確認する事が肝心。

 

仮にドル高になるだろうという筋書きを記したのであれば、ドルの変動に用心しておきます。

 

市場の変動を注意を払い始めた場面ではまだその通貨ははっきりと上下動する雰囲気を見せずわずかな上げ下げを繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その推移をじっと調べていると、ある状況でゆっくりと、ドル高へと外国為替市場が向い始めます。

 

このチャンスでいよいよドルの取引します。

 

一般的に、そこまで十分に計画さえしておけば、その取引で儲ける率は比較的高くなるはずです。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 始める前に
  2. 勘で取引
  3. 空飛ぶ配達


コメントする