*

勘で取引

PCのディスプレイの前で、上がったり下がったりしているレートを目を向けていると、トレードをしなくてはいけない衝動が沸き起こる事も少なくないだろう。

しかしながら、なんとなく勘で取引するのだけは、絶対に避けてほしい。

分かっていると思いますが、外国為替市場は四六時中、常時為替市場が変動しているしレートもどういう時でも、変化しています。

 

とは言っても、頻繁に売り買いを重ねているとその回数だけ損をする可能性が増します。

確かに売り買いの数を積む事で、次第に稼げる可能性が50%、50%に近づくのは事実です。

 

けれどもこれは「はっきりしない勘で売買」することとは別の問題です。

 

トレード回数を増やす意味というのは、「ここがチャンス」と考える自信を得たところでの売買回数を増やすという事を言っています。

特段の理由も無く、売買を積むのとは違う。

 

外国為替相場の戦いにi挑むには、自ずから考えてメリハリをつけることこそが肝心です。

「ここは勝てる」と思えた為替相場の時には、覚悟を決めて持っているポジションを積み増して積極的に利益を追い求めます。

「かなり悩ましい市場で、どう上下するのか読めないな」と感じた時は、潔く保持ポジションをひとつ残らずクローズして放置します。

これぐらいのけじめをつけた方が最終的には注文は勝てます。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりだと感じます。

 

取引とは、常時ポジションを保有する事が全部ではなくどのポジションも保持せず静観していることもまた、相場なのである。

 

そうであるならば、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、これからの外国為替市場がはっきりと良く見えない時です。

 

今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は思いつきで行動すると、自ら作った物語とは異なった方向にマーケットが向ってしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、そうした時はポジションを閉じ何もしないで様子をみるのが最善の策です。

もうひとつは、自分自身の体の状態がすぐれない時です。

santaka's diary

体の具合と為替相場に影響ないと感じる方もいるでしょうが考えている以上に関係があります。

 

体の状態があまりよくなければ、相場の判断しなければいけない状況で必要な判断が出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時は、トレードから距離を置くことも大事なことだ。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 始める前に
  2. 勘で取引
  3. 空飛ぶ配達


コメントする